英検対策で合格への道へGO│英語で可能性広がる

woman

セブ島で語学の習得

セブ島で英語を学ぶのは意外ですか?

woman

英語を学ぶために留学するなら、やはり、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアと考えるのが一般的でしょうか。しかし、フィリピンのセブ島には、日本人経営の語学スクールが非常に沢山あります。日本人が経営と言っても、100%日本出資という形態をとる為には一定の厳しい条件があり、その為ほとんどの場合、フィリピン資本が入っている、現地法人の形態となっています。書面上はそのようになっていますが、実質運営しているのはほとんどが日本人の実質オーナーとなっているのが現実です。ですから、セブ島へ留学しても、スクールのスタッフはほとんどが日本人と言うことが多くあります。それも、安心して留学できる1つの条件かもしれませんね。

留学が決まったら、知っておくべきこと

セブ島の英語スクールはほとんどの場合、寮を持っています。希望すれば、ホテルを使えるところもあるようです。また、食事もスクールで3食付いていることが多く、困ることもありません。どのスクールでも、大抵講師は現地のネイティブとなっています。基本的に、スクール関係で困ることはほとんどないと思いますし、何かあれば、スクールの日本人スタッフに相談すれば、大抵の場合解決できるでしょう。しかし、スクールから出て、プライベートで外出するときには、危険な地域もありますので、ショッピングや遊びに行くときは事前に調べて移動するようにした方が良いでしょう。また、フィリピンは電力の供給が不安定ですし、頻繁に停電もおきます。パソコンなど持っていく場合、不安定な電圧で故障して使えなくなることも多いので、安定器を持っていくことをお勧め致します。このように注意すべき点はいくつかありますが、セブ島の留学は、他国への留学に比べ価格的に手頃で、期間も短期、長期と様々選べるものが多く、お得感のあるものと言えるでしょう。