英検対策で合格への道へGO│英語で可能性広がる

man and woman

3つの方法がある

外国人

日本語教師になりたい人は、大学で日本語教育を修了しましょう。また、日本語教育能力試験に合格する方法や、日本語必修科目の習得時間を修了し、日本語教師の資格を取得する方法もあります。

Read More...

留学するならアジアへ

study

外国語を身につけるために海外留学を検討している人は、費用を検討することが大切です。また、安さを追求するためにアジアに留学するという方法もあります。特にオセアニアは働きながら語学の勉強ができます。

Read More...

セブ島で語学の習得

woman

フィリピンにあるセブ島は語学留学を行なうことができます。また、スクールのスタッフのほとんどが日本人ということもあり、セブ島は留学しやすい環境だといえます。期間や費用を考慮して留学を検討しましょう。

Read More...

英検合格を目指す

man and woman

英語の能力を示すためには、TOEICや英検などを受けてそのスコアや取得した級で、どの程度英語を使うことができるのか証明することができます。英検は、普段あまり使わないような表現が出てくることも多く、英検対策を何かしら行なうことが必要になります。英検対策で、多くの人が行なっているものが過去問を解くという方法です。過去に出題された問題を解いていくことで、どのような問題が出題されるのか傾向などを知ることができます。また、塾などに通い英検対策を行なうという方法があります。英検の級が上がれば上がるほど、必要な語彙量も増えていき、様々な会話のパターンが出てきます。塾などでは、よく英検で出題される単語や、文章構成などを総合的に教えてくれるので、非常に効率よく勉強を行なうことが可能です。また、英検は面接でどの程度英語を使うことができるのか直接英語で会話する試験もあることから、紙面だけの勉強だけでなく会話にも慣れておくことが必要になります。そのため、英検対策では、面接に向けた対策を行なうことも大切です。塾などでは、2次試験に向けた対策を中心に行なっている所もあります。

塾などに通い、英検対策を行う際には、面接やリスニングに対する対策をどの程度行なっているのか見ていくことが大切です。文法や読解、単語などは自分一人でも勉強していくことができますが、面接やリスニングになると、ある程度英会話に慣れておくことが必要になります。ここで点数を落としてしまわないように、生の英語に触れられる環境を作っていくことができるのか見極めていくことが大切です。また、英検対策を行なっているところでは、一次試験も苦手分野のみに焦点を当てた所もあります。文法を中心に対策を行なっていくコースや単語や熟語を中心に勉強していくコースなど、それぞれの弱点のみに焦点を合わせたコースを併設している所もあります。自分の弱点を克服することで、合格率を大きく上げていくことが可能です。